世界一周への旅立ち まずはフィンランド

フィンランドでの新しい出会い

スペインから来たフェルナンドさん!
気さくでとっても優しい感じの方です!
ロシア、シンガポールアイルランド、ドイツ、スペイン、日本と本当にいろんな国の方たちと会話ができ(してる風。8割以上わかっていない)、とっても楽しいです!

 

 

ステキなおじさん

不思議な乗り物に乗った粋なおじさん!ヘルシンキフリーマーケットのお昼時。とってもステキなので写真をお願いしたら快くオッケーしてくれました😊

 



自転車
フィンランドでは、自転車が生活の中に根付いてるように思います。車道、自転車道、歩道がある。オランダもそのように聞いたことがある。北欧を始めヨーロッパ全般に自転車文化があるのかもしれない。高校時代に英語の授業で習ったツール・ド・フランスが頭をよぎりました。健康的だし、移動にも便利。道幅を含めてゆとりに満ちたフィンランドだから成り立っているのかもしれない。日本の狭い土地では、自転車と共存する新たなアイデアが必要。


f:id:k-y-s-20120421:20170802183302j:image

 


脳が幸福を感じる2つの言葉

脳科学の視点から、人間が幸福を感じる2つの言葉。
“ありがとう”と“名前”
ロシア、シンガポール、イタリア、スペイン、ドイツの人に昨日今日意識して話しかけてみた。一番英語は下手だけど、みんな喜んでくれてるのは感じました。その人の名前を聞いて、英語でThank You!できればその国のありがとうという言葉を教えてもらったり調べて使うととっても喜んでくれました!

 

保健体育教師の勉強会を日本で2年ちょっと続けてきました。その中で学んだことを海外でも実践してみましたが効果絶大でした!

今までの勉強が世界にも通用した気がしてすごくうれしかったので報告も兼ねて。

 


スケートボードを持った若者

日本にもいるけど、フィンランドはそれよりやや多い印象。街中でも坂を気持ちよく下ったりしてるのを結構見かける。
ここでも『ありがとう』を使いました(笑)フィンランドの言葉でキイトス。シャイでとってもカッコいい若者!写真も撮らせてくれてありがとう😊

 




ヘルシンキの小学生

ヘルシンキの公園で遊んでいる小学生を発見。とっても楽しそうだったので、お得意の現地の言葉でごあいさつ♪
『テルヴェ』

にっこり笑って近づいてくれた。レオとエドワードとなんかカッコいい名前?すぐ忘れるのでメモしないと(^_^ゞ

スポーツはアメフトが好き。でも公園の遊具で遊んだり、かくれんぼしたりするのが好きみたい。本当に楽しそうに遊んでました!日本の子どもとおんなじ感じでなんだかうれしかった!

お礼に、日本の明治チョコレートをプレゼント♪とっても喜んでくれました!
成田空港でお菓子買いすぎたと反省してましたが、まさかここで役に立つとは(笑)

 






アメリカの情報

同じホステルの部屋に日本人のけんたさんが来た!世界一周して将来独立する目標とか今まで旅した国のことをいろいろ教えてくれました!とても興味深いことばかりですごく楽しい時間を過ごせました😊

スポーツのことをいろいろ質問したらアメリカにマッスルビーチという所があることを教えてくれました!これまた興味深い(笑)アメリカに行ったらぜひ行こうと思います(^_^)🎵

 



 

 


教育

フィンランドの教育水準は非常に高いことで有名。以前からとても興味があった
自分なりの仮説は2つ

生活にゆとりがあること

もうひとつは家庭教育がきちんと機能していること

いつか自分が直接フィンランドに行って現地の人に聞いてみたいと思っていたので、夕食で相席したご夫婦に聞いてみた
このような考えをとても熱心に語ってくださいました。







 

①リラックスして安心して学習している

宿題もほとんどない

主体性を大切にしている


②家族の時間を大切にしている

仕事は8時間を越えない

だから5時か6時には遅くとも帰る

だから家族で子どもと話す時間もあるし、勉強を質問されたら親が教えることもある


③大学まで全員学費は無料

だから学びたければみんな平等に学べる

だから税金は高いけど(笑)

 

新しい視点として大変勉強になりました

そしてこのようなこともおっしゃっていました

「1年に6週間有給休暇がとれる。もちろん給料も出る。まとめても取れるから海外に旅行もできる。自分が休んでも全く問題ない。仕事を細分化しているから代わりの人でも全然大丈夫。」

 

こういう視点を文部科学省は持っている上で今の教育を続けているのか

もちろん他国を全て真似しようとは思いません

日本の良さもあり、今までの文化や歴史もあるので劇的な変化は難しいし望んではいない

ただし、そろそろ自国の教育状況の危機を真剣に考え未来に繋げていく必要はあると思う

旦那様が自分たちに熱くかたってくれてる横で、奥さまは少し時間を気にしているように感じました
そして、彼女はさりげなくこう切り出しました

「まだ日本人のお二人は食事の途中でしょ

食べさせてあげないとかわいそうでしょ」

とにこやかに話した

とてもステキだなと思いました

さすがだなと感心してしました

本当の知性、品格、教養というのは、こういう所に表れるのではないかなと僕は思いました

とてもいい時間が過ごせました
キイトス😊

 

 

 


フェリーの中

 

これまたすごかった
レストランもあるし
大きめのコンビニみたいなのもあるし
スターバックスもあるし(笑)

外に出て海をのんびり眺めているのは
本当に最高でした
ヘルシンキからタリンへ行く時
フェリーに乗ったときも感動したけど
今回はまったく予想してなかったので
それもまた新しい感動でした

再度船に戻るとき
車のエリアに出て
列車にのれないんじゃないかと
ちょっと焦ったのは
カッコ悪かったけど(笑)
50分程度の時間でしたが
本当に素晴らしい時間を過ごすことができました

 

f:id:k-y-s-20120421:20170802183616j:image

 

 

エリーちゃん

おしゃぶりをくわえた赤ちゃん
横顔はとても凛々しい
船の上をハイハイで
猛然と突き進んでいく
かわいすぎる

 


f:id:k-y-s-20120421:20170802183645j:image


f:id:k-y-s-20120421:20170802183706j:image

こうした何気ない風景でも
子どもへの教育の違いを感じました
日本であればおそらく
汚いからダメと言って
ハイハイすることはなかなか
させてもらえないように思います
ひどいときは怒られたり
怒鳴られたり
親がイライラしている光景を
何度も見てきました
きっと仕事が忙しくてなかなか
ゆとりがなかったり
ストレスがたまったりで
そうなってしまうのではないかと思います

怒りたくて怒ってる人なんていないと思います

だからこそもっとゆとりある生活を

日本も目指していくべきではないかと

いつも感じています

 

この時の様子では
子どもの好きなようにさせてる印象
もちろん危なくなるときは
止めるでしょうが
基本子どもの好きなように
させてあげてるように感じました

きっとこういう子どもの時の積み重ねが
一生を左右する自己肯定感の育成に
大きく影響しているように思いました

 

フィンランドの教育水準の高さは

学校のみでなく

こうした家庭教育も

大きな役割を果たしているように思います

 

 

 

5月のフィンランド
夜の9時過ぎ
こんなにも明るいとは

 
f:id:k-y-s-20120421:20170802222240j:image


スケボー
女性スケーター発見。
日本では僕は見たことない。
カッコよく乗りこなしてるとこを撮り損ねました(^_^ゞ

 
f:id:k-y-s-20120421:20170802222253j:image


トイレ
自分にはほんの少しだけど、自分なりの誇りを持っている。
朝の体育館職員室のトイレ掃除を続けてきた。平日だけだが、11年続けてきた。

残念ながら、この4月から掃除自体はやめてしまったけど、もったいないから続けたいと思う自分がいるので、トイレを使ったら必ず少しだけでもきれいにするようにしている。ゴミが落ちてたら拾って捨てるとか、汚れてたら拭いてきれいにするとか。

目立たないし誰かにものすごくほめられたわけじゃないけど、自分を大きく成長させてくれたと確信している。だから、自分の中では自分を支える大切な誇り。だから、便器を少しだけどきれいにして出てきました。

 


f:id:k-y-s-20120421:20170802222304j:image

 

文化の融合

ヘルシンキのすしbar。
外からしか見てないけど、ちゃんとした握り寿司が出ていてびっくり。昨日今日と何度か通りかかったけど、常に満員。やはり北欧は冷たい海だと魚は油がのっておいしくなるみたい。その国に日本の食文化が溶け込んでいるのは純粋にうれしかった。

 


f:id:k-y-s-20120421:20170802222313j:image


白夜

夜の10時…
いよいよすごい…💦

 
f:id:k-y-s-20120421:20170802222331j:image

 

 

今日の夕食🍴
今日仲良くなったけんたさんと♪
トナカイのお肉料理。なかなかの美味!
サラダは好きなだけ取れてしかもドレッシングもすごくおいしい!ビールもいただいてちょっと贅沢しました😊

 
f:id:k-y-s-20120421:20170802222441j:image

 

誤解

フィンランド最終日の朝。まだ5時過ぎにも関わらず、わざわざ起きて声をかけてくれたロシアの方。名前は最初に聞いて仲良くなったけど、忘れてしまった。やはりメモする習慣をつけようと思う。
上半身裸だったけど、これからのこととか、いつかロシアのサンクトペテルブルグにおいでよとかロシアで使えるあいさつを教えてくれた。昨日会っただけなのに、ちょっとしたことかもしれないがやっぱりうれしかった。

今まで僕は勝手にロシアの人は冷たい印象を持っていた。ところが全く間違っていた。それは日本人でもいろんな人がいるようにロシアも同じ。優しくて温かい人はたくさんいると感じた。何でも実際にやってみる。推測だけでは何も見えてこない。自分が動き、触れて、感じることで見えてくることを大切にしていきたい。

スパシーバ!(ありがとう)





 


教育先進国

さすがはフィンランド(笑)

 
f:id:k-y-s-20120421:20170802222927j:image


小手先ではないもの

フィンランドには、いたるところに本屋さんや絵画のギャラリーがあった。とにかくその数に驚いた。本や文化、芸術を大切にする空気を感じました。
そういったところに教育水準の高さを裏打ちする、決して小手先ではない、人間を育てる文化が脈々と受け継がれてきたこの国の歴史を感じました。



f:id:k-y-s-20120421:20170802223008j:image

 


翌日も…
継続は力なり…

 
f:id:k-y-s-20120421:20170802222945j:image


フェリーでバルト海を渡ってます!

これは凄い!感動してます!!