中国人にあまり良い印象を持っていない方に読んでもらいたい3つのこと

 f:id:k-y-s-20120421:20170925130253j:image

〈はじめに〉
日本に住んでいるときや、世界を旅する中でも中国人に対するあまり良いとは言えない印象を聞くことがあります。

人間ですから、人の好き嫌いがあるように、国の好き嫌いも同様にありのかもしれません。

僕にも苦手な人や国はあります。怒りを覚えることもあるし、いやな思いをお互いがすることもあります。

それでも、正直に自分の感情と向き合ったら、そのあとは前を向くようにしています。

仲良くできたらきっともっと楽しくなるだろうなとよくする一歩を考え、踏み出すようにしています。

今回は、そのことを踏まえて世界を旅する中でお隣の

「中国人」

について考えさせられることが何度もありました。

そんな経験から、もし良い印象ではない人がいたら、今までとは少しでも違った見方を持つきっかけになればうれしいなと思います。


〈メニュー〉
(1)旅で出会った親切な中国人

(2)日本は世界トップレベ

(3)中国の勢いと世界進出

 

(1)旅で出会った親切な中国人
現在、24ヵ国。過去の旅を合わせれば28ヵ国を経験。

その中でも、たくさんの親切な中国人に出会いました。ちょっと会話をかわしたり、世界中どこにでも進出している中華料理レストランの方などを合わせれば、数えきれません。

そうしたちょっとした出会いの中でも、気さくに声をかけてくれたり、笑顔で対応してくれたり、うれしい時間がたくさんありました。

例えば、チェコの宿で出会った中国人ファミリー。節約のためにキッチンで料理をしに行くとそこで先に料理をしていました。

大家族のそうだったので、少し気後れしながら僕も料理を始めました。

スパゲッティを作って、食べ始めるとパスタソースが気になるらしく、

「ちょっともらっていいですか?」

と話かけてきました。

「いいですよ!」

と話し、一口食べておいしいと
喜んでいました。

そのあと、その人達が作っていた
相当手の込んだ中華料理を

「よかったら食べてね!」

と分けてくれました。

中学生の女の子と幼稚園くらいの
歌うのが大好きな男の子もいて
とても仲良くなりました。

次の日の朝も夕方も顔を合わせて
そのたびに仲良く話しかけてくれました。

子どもたちのお母さんは
東京や京都、大阪、福岡にも行ったことがあって日本が大好きです。

なんと僕の地元にも来てくれていて
その時の写真を見せてくれました。

こんな風に日本を好きでいてくれて
純粋にうれしかったし
仲良くしてくれてとても楽しい思い出ができました。

ロッコマラケシュ
イスラム教の国には
少し違和感を感じたマクドナルドでしたが
そこでも中国人の親子に出会いました。

お母さんとこれまた中学生の娘さん。

「トイレに行くから荷物を見ててくれない?」

と頼まれて、戻ってからお礼とともに
話が始まりました。

テスト休みで海外旅行をしていたそうです。

話をするなかで何の仕事をしてるのかという話になったとき、

「日本で高校の体育教師をしています。」

と話すとなんと

「私も中国で体育の教師をしています!」

と驚きの展開に!

お互いの仕事や、旅の話で盛り上がり

連絡先も交換しました。

お別れしたあとも、度々近況報告をしあい
今でも仲良くさせてもらっています。

笑顔で明るく親切でとてもいい方たちに出会えたことで、中国に対しての印象も僕は今まで以上に良くなりました。

 


(2)日本は世界トップレベ
とにかく世界中どこに行っても、
日本の存在感を感じない日はない。
それくらい、日本の会社、製品を目にします。

また、海外のものと日本の製品を比較すると
いかに日本の製品が優れているものが多いか実感しています。

例えば、電化製品。
炊飯器、電子レンジに洗濯機。
トイレのウォシュレットまでその性能の高さはけた違いだと思います。

また、日本の車。
TOYOTA、日産、ホンダ、MAZDA、SUZUKIにISUZUまで世界のあらゆる所で毎日たくさん見かけます。

特に驚いたのは、アフリカのサハラ砂漠

この劣悪な環境の中で
使われているのはほとんど日本車。

これには正直、感動しました。

他にも、試合観戦の後のゴミを拾ったり、災害時にも取り乱さず助け合う日本人のマナーや思想の素晴らしさが、世界のニュースでも取り上げられてきました。

日本を離れ、外から日本を見つめることで
ようやく心から日本を好きになりました。

正直、日本がいやになりかけていた自分にとってはそのことが本当にうれしいです。


しかし、なぜ小さな島国の日本が
そこまでに成長することができたのか。

僕なりの結論は、中国がいてくれたから。

過去の歴史を振り返っても、
中国と日本とはきってもきれない関係があります。

遣隋使でもそうですが、
日本は中国から文字や文化、思想も含め
数えきれない程たくさんのことを学ばせてもらってきました。

中国が作り上げてきたものを
日本人がさらに工夫をし、発展させていくなかで
日本独特の成長を遂げてきました。

ここ数年は、日中関係も芳しくない現状が
報道されていますが、そういう歴史からわかるように

中国から恩を受けているのは
間違いないと思います。

日本にとって一番近くで大切な国。

世界を旅する中で
僕があらためて感じたことです。

 


(3)中国経済の勢い
経済大国の中国。その勢いは目を見張るものがあります。

東京での爆買いは、もはや当たり前になりつつありますが、そのことですら

「日本の製品は安い」ということ。

それほど、中国の経済には勢いがあります。

例えば、ニューヨークのど真ん中。タイムズスクエアでCM撮影をしていました。

世界各国、いろんな人種、いろんな職業、服装の人達が出演し、賑わっていました。

撮影機材もお金がかかっている感じ。
ハデなパフォーマンスもあり
多くの通行人は立ち止まって見いっていました。

最後のセリフでわかりましたが、
中国のある銀行のCM撮影でした。

ヨーロッパでも、あらゆる国で中華料理レストランがあるし

アフリカのタンザニア
想像とかけ離れた高層ビルが立ち並ぶ。
真面目に驚きました。

その高層ビルの大半は
中国が作っていると現地の人が
教えてくれました。

止めに、ミュージカルの本場。ブロードウェイ。

たまたま、僕が見たミュージカル。
学校を題材にしたもの。
いろんな人種の子どもがいるなかで
主役級の子役は中国人。

その演技も歌も踊りも本当にお見事!
素晴らしすぎて感動しっぱなしの作品でしたが
その子役の存在感に感激しました。

こういった演劇の世界でも
世界で活躍しているんだと実感しました。


それ以外でも、世界中で生活している
中国人を見てきて思ったことは

「たくましい」

いい意味で図太く

いい意味で積極的。

思慮深く、どこか遠慮がちな日本人。

悪く言えば、弱腰ともとれなくもない。

いよいよ国際化が一気に加速する世の中。

これからは世界と戦わなければならない時代。

もちろん、日本の良さもあるし、変えてはいけない部分もあると思います。

しかし、中国人から学ぶべきこと、見習うべきこともたくさんあるのではないかと感じました。


〈最後に〉
世界を旅する中で感じたことを、自分なりに素直に書かせてもらいました。

賛否両論はもちろんあるとおもいますが、何か1つでもいい方向に向かうきっかけになればと思います。

少しでも、お互いの国をリスペクトして、仲良く、高め会える関係になり、世界が平和になることを心から願うばかりです。