変態マッサージ店を追跡調査してみたin カンボジア

シェムリアップのマッサージ店

『LADY 1』

 

カンボジア人とのバレーボールと、アンコールワットを歩き回ったので足がパンパン。

 

純粋にマッサージに行った。

 

結論、ここはひどい。
このマッサージ店はふざけている。

おそらく日本人限定っぽい。

 

カンボジアシェムリアップに行く際は
ここは行ってはダメ。

特に女性は犯罪レベルのことされるので

絶対に行ってはいけません。
 

目次
(1)被害にあった日本人女性
(2)被害を受けた様子
(3)翌日その店に行ってみた
(4)完全にナメている
(5)まとめ

f:id:k-y-s-20120421:20171225164158j:image


(1)被害にあった日本人女性

以下の内容は、被害に遭った女性が話してくれたことです。今後、同じような被害にあわないためブログに書くことを了承してくれています。

 

本人全身マッサージをお願いした所、他のお客がいる1階ではなく、誰もいない2階の別室へ行くように言われました。

 

着替えるよう指示されたが、Tシャツしか置いてない。下半身用の着替えがない。どれだけ探してもなかったみたいです。下手するとTシャツのみで施術される可能性があります。

要注意です!

 

(2)被害を受けた様子

あお向けでマッサージを受ける。

膝下を少しやったら、下半身の大事な部分を指で指圧される。そこばっかり。相当重点的にされたそうです。

 

それは絶対にゆるせない!!

怒りの感情とそうじゃない説明しにくい感情の半々で聞いてました。男なのですみません。

 

胸をマッサージされたり、お尻をマッサージされたり、日本人女性の背中に男性のお○○○○を押し付けて来たり。

 

終わりが近づくとI love youを連発される。

そのあと、特別マッサージとして1時間追加するよう勧められる。なんとか振り絞って

『NO』と伝えて店を出たそうです。

 

だいぶ割愛してますが、かなりひどいことをされたことを吐露してくれました。吐き出さないと収まりがつかないということで、僕に話をしに来ました。

 

おそらく、そういう抵抗しない日本人女性に同じようなことをしてきたんじゃないかと思います。

 

やはり、それはゆるせない!!

 

という怒りの感情とそうじゃない感情の半々でした。

男なのですみません。

 

(3)翌日その店に行ってみた

ちょうど、マッサージをしてもらおうと思っていたので、実際にこの目で確かめたいと思い

『Lady 1』に行ってみました。

 

本当にそんな悪いスタッフはいるのか? 

 

何かの間違いか?

 

自分にも何かうれしいハプニングはあるのか?

 

いったいどんなマッサージ店なのか。

 

その女性の加害者は、細身で背がやや高めのあそんでそうなカンボジアややイケメン男性スタッフ。要注意です!

 

僕は、別の男性が担当してくれることになりました。優しそうな男性スタッフ。

 

僕がお願いしたのは

フットマッサージ30分

全身マッサージ60分

合計5ドル

 

これはお値打ち。

裏を返せば何かないはずがない。

疑いまくりです。

 

合計90分、5ドル

 

ここは、念を押しました。

押しまくりました。

 

がっちり確認後、他のお客がいる1階ではなく3階の部屋に連れて行かれました。

他には誰もいない。

 

完全に密室状態。

 

昨日の日本人女性と同じパターン。怪しい。

 

(4)完全にナメている

あお向けでスタート。

フットマッサージはなかなか気持ちよくやってもらえました。力加減も大丈夫か声をかけてくれたりして、思いの外ちゃんとしてました。

 

昨日の日本人女性の時のスタッフはたまたま悪いやつだったのかなと、ちらっとよぎる。

 

フットマッサージのあと、それは間違いだと気づきました。ああ、俺はバカだったと。

 

全身マッサージがスタート。

いきなり股関周りをなで回してくる。

僕の大事な部分の周りを丹念にさすってくる。

 

最初は偶然だと思っていたが、どのマッサージのパターンでもなぜか当ててくる。どう考えてもおかしい。

 

言っておきますが男性スタッフです。

僕は男です。

 

男性スタッフが男性客の自分に何がしたいのか?目的は何なのか?明らかにさわっている。

刺激する。という方がしっくりくる。

 

太ももや脚の付け根など、異様に長くまさぐってくる。

 

何度でも言うが

 

手や肘が完全におれのに当たっている。

 

男に謎のマッサージをされている自分に笑いがこらえられなくなり困る。くすぐったいし。

真顔でいるのに必死。

 

客観的に自分を見ると笑いが抑えられない。

 

でも、笑ってはいけない。なぜなら笑えば喜んでいると思われかねない。カンボジアでこんなに必死になるとは思わなかった。

 

『笑ってはいけないカンボジアマッサージ店』

 

1人版。

 

もちろん視聴率0。

 

もはや地獄だ。

 

『トイレに行っていいか?』

と聞いてきたので

『もちろん』

と答えた。ひとまず助かった。

 

笑いをこらえるのがこんなに苦しいとは。

 

しかも、なぜ客がこんなに苦しまないといけないのか…

 

☆彼がトイレの時に撮った部屋の中
f:id:k-y-s-20120421:20171226190847j:image

 

続きが始まる。

 

するとなぜか料金のことを話だした。

最初に約束した値段より上がっている。

もちろん、最初に約束した時間と金額で押しきった。隙あらばボッたくろうとしてくる。

しかも、彼はなぜか半笑い。

 

本当に脚に疲れがたまっていたのでちゃんとマッサージして欲しかった。気持ちを入れ替えここから期待。

 

個人的には背中や腰を重点的にやってほしい。

しかし、いつまでたってもあお向けのまま。

何も言わなければずっとこのままだと思ったので、背中や腰をやってもらうよう頼んだ。

 

うつ伏せになっていよいよという所で

適当にやってる感じですぐに終わった。

『終わり。良かっただろ~?』

半笑いで自慢げに言ってくる。

 

頼んだ90分より30分早い。

3分じゃないですよ。

 

30分早いんですよ‼

 

もちろん、やつのトイレ休憩込み。

 

世も末だ。

 

もう一度、終わり確認したが

もう終わったと言っている。

 

警戒しまくってた僕は事前に開始時刻をちゃんと記録していた。昼の12時53分開始。

 

昼の1時54分。

 

『約束が違う。あと30分だ』

とケータイを見せてそう言うと

イヤイヤ始める。ため息つきながら。

 

完全にナメてる(笑)

 

適当にやったり、痛いメニューをぶっこんできたりしたので、背中と腰をお願いする。

 

ちゃんとやってくれるかなと思ったら

再びこう言う。

『終わり。』

 

もちろん半笑いだ。

 

14時05分。

30分の所を10分もやってない。

面白い。理由を聞こう。

 

『なんで終るんだ?』

と聞くと

『あんたの筋肉が硬いから疲れた』

と言う。

 

は?

 

俺のせいなのか??

 

客の俺のせいなのか???

 

筋肉に疲労がたまって硬くなってるから

それをほぐして疲れがとれるようにと願って

マッサージ店にお客さんは来るよ。

 

客の筋肉が硬いからマッサージが疲れた。

 

だから、マッサージを短く切り上げました。

お金はちゃんといただきます。

 

とんでもない論理だ。

 

数学の証明問題なら間違いなく×だ。

 

自分が採点者なら解答用紙が❌で埋まるまで書き続けるだろう。

 

お金なんか渡すかとも思ったけど、まぁ1時間はやってもらったし、ちょっと笑える所もあったので4ドル渡して帰った。

 

(5)まとめ

カンボジアの『Lady 1』

 

ダメ。

ここダメです。

まるでダメです(笑)。

 

基本的にカンボジアの人たちは、真面目で誠実な人が多いです。どことなく日本人の雰囲気に近いものも感じます。

 

しかし、こういう人もお店もやはりあるんですね。どこの社会も同じです。

 

カンボジアシェムリアップ

『Lady 1』

覚えていてくださいね。

ここはまちがいなくダメです(笑)

 

 

☆右側の店です
f:id:k-y-s-20120421:20171226190621j:image