バルセロナでの病院体験記 ~辛い、しんどい、本気で凹む 僕は海外で病気になった~

f:id:k-y-s-20120421:20171011210829j:plain


結論…

とにかく健康が大事!

3週間ほど体調を崩し、楽しいはずの海外が
なかなか悲惨な目に遭いました(笑)

その経験の様子と学んだことをお伝えします。



【体調を崩すまでのおおまかな流れ】
海外旅行中は、テンションが上がり
どうしても知らず知らずの内に
無理をしてしまうことが多いと思います。

それを踏まえてちゃんと疲れを残さないよう
旅ではゆとりを持って計画し行動していました。

そのおかげで2ヶ月半は
まったく快調に旅ができていました。

体調を崩したのはスペインのバルセロナ
原因は電車のチケット。

僕が使っていたユーレイルパス。

僕のはグローバルパスと言って
ヨーロッパ中をほとんど列車で移動できる優れもの。なかなか値段は張るけれど
ヨーロッパの国々を見ながらの移動は
とっても良かったです。

フィンランドから順調に旅をしていましたが
スペインではユーレイルパスだけでなく
予約を取らなければなりません。

そこで、問題が2つ起きました。

1つは、電車の予約を取る所で
英語が全く通じないことです。

伝えたいことを事前に調べ
スペイン語に訳しておくべきでした。

2つ目は、予約が取れなかったことです。

すでに次に行くグラナダの宿を取ってましたが、電車の予約がいっぱいでその日には行けなくなりました。

この日に移動しないと予定が全部
狂ってしまうのでなんとかお願いしますと
必死に食い下がりましたが
全く受け付けてくれませんでした。

これは想定外で本当に困りました。

グラナダの宿も3日キャンセルし
宿泊費は全額とられました。

予定外の出費もあり
予算に限りもあるので泊まる宿探しに
かなり苦戦しました。

結局、違う宿は確保しましたが
ベッドがなくリビングで休みましたが
全然寝られず体調と崩しました。

そのまま、モロッコに移動。

サハラ砂漠に突入し体調は最悪に(笑)

☆詳しくはこちら
http://k-y-s-20120421.hatenablog.com/entry/20171008/1507439166

再びバルセロナに戻った時には
連日、発熱、背中にじんましんができ
特に咳で寝られませんでした。


このままでは、本当に旅を断念し
帰国しないといけなくなると思い
病院に行くことを決断しました。

僕は海外旅行保険に加入していたので
保険会社に連絡して病院に行く手配をしてもらいました。

【保険会社を通じての受診手順】
保険会社に電話(メール)
→保険会社が僕のいる場所の近くの病院を探し受診できる病院を探してくれる。

→僕が行くことをその病院に伝えてくれる。

→通訳を僕の宿泊先に来る手配をしてくれました。



僕は夜10時に待ち合わせ。
日曜日でしたがちゃんと
診てもらえました。

ただ、1つ目の病院でもらった薬では
よくなる気配がなかったので
セカンドオピニオン(誤診を防ぐため複数の医師に診てもらう)として、別の病院に行きたいと保険会社に伝えました。

そこでもらった薬がすごく合ったので
その後よくなりました。

本当に良かったです。


 
【この経験から学んだこと】

とにかく健康が大事!

・睡眠を取ること。
十分な睡眠があってこそ、疲れをとり元気に活動できます。楽しむために、基本的なことがやっぱり大切です。

・日程はゆとりを持って計画。
どうしても欲張りたくなりますが、腹八分目。僕は腹5分目くらいでした。
もちろん、それぞれの旅行期間や予算もあると思いますが、ゆとり心と体の健康のためにも大切です。

・交通手段をきちんと確保。
スペインは電車の予約がなぜかすぐいっぱいになることを知っておく。

海外旅行保険は重要
本当に助かった。
海外での体調不良は想像以上に精神的にダメージがあります。僕の場合、特に一人旅でしたのでメンタルは相当やられました。

保険会社が手間のかかることをほとんどやってくれましたので加入して良かったです。

通訳の存在はものすごく大きい!

今回はスペイン語だったからなのは
もちろんですが英語や他の言語でもそうだと思います。

なぜなら、医者と会話する時には
病名や薬のアレルギー症状を細かく伝えたり、やってほしい検査の名前など
医学の専門用語が必要になります。

普通の会話では対応しきれないと思います。

今回は、僕が伝えたいことを
看護師経験のある通訳の方ついて下さったので本当に心強かったです。


・おかしいと思ったら早めの対応
今回は、薬局で早めに対応しました。
海外では病院に行く前に薬局で対応してそれから病院に行くことが多いです。

しかし、僕たちは異国の地にいるので早めに診てもらった方がいいと思います。

なぜなら、僕は発熱と咳が続いていたので
早めに薬局に行きましたが
そこで出してもらった薬が良くなかったと医者に言われました。

過去にたくさんの対応をされているベテラン通訳の方も

早めの受診が大切です!

とおっしゃっていました。


【最後に】
せっかくの海外です。
思い出に残る楽しい思い出にするためにも
まずは健康第一を心がけましょう!

万が一、おかしいなと思ったら早めの受診をおすすめします。

僕の場合は、笑い話として
とてもいい経験になりましたが
健康の大事さだけは痛いほど感じました。

何度も言いますが

とにかく健康が大事…!



f:id:k-y-s-20120421:20171011211056j:plain