人生にやり残したことはないか。~スペインで出会った2つのお話~

今のところ

僕はやり残したことだらけです。

 

今回はそんなことを考えるきっかけになったスペインでのAさんとの出会い。

 

僕は体調を崩しバルセロナで2回病院に行った。お陰さまで無事に回復。今も元気に旅を続けています。

 

その時お世話になった通訳のAさん。
スペインに住んで13年という。


今回は、Aさんから聞いたお話を2つ紹介します。僕が日本にいたら決して出会わなかったお話。また新しい人生の捉え方を教えてもらいました。


(1)スペイン旅行中にで亡くなったおばあちゃんの話

 

Aさんが担当したおばあちゃん。スペイン旅行中に病状が悪化し緊急手術をしたが帰らぬ人となりました。ガンを内緒にしてスペインに来たようです。

 

だから、遺族は何も訴えることはなかったそうです。

 

僕が気になったのは

 

『おばあちゃんはどんな思いでスペインに来たか』

 

嘘をついてまで、無理をしてまで

スペインに来たかったその源。

 

70歳と言われてましたが
そんな方がガンを患っていた。

 

死を考えないはずがない。

 

それでもスペインに来た。

日本から遠く離れたスペインに来た。

 

心も体も元気な僕が
初めてスペインに来るのとは訳が違う。

 

70歳のおばあちゃんが
初めてのスペインに来たのだ。

 

ツアーでの参加だがスゴいことだと思う。


僕なりに思ったのは

 

『おばあちゃんは、どうしてもスペインに来たかった』


『死んでもいいから行きたい』

 

そんな理屈じゃない感情が

押さえられなかったんじゃないかと思います。

そんなメッセージを僕は受け取りました。


たかが旅行。
そう思うかもしれません。

 

しかし、死ぬ前にやりたいこと。
途中で死んでも構わないからやりたいこと。

 

おばあちゃんにとってスペイン旅行は
それくらい大事なことだった。


僕が日本を飛び出した時の気持ちと
重なることでした。

 

『万が一、テロにあっても悔いはない。』

 

やりたいことを我慢して死んでいくより

自分がやりたいことをやって死にたい。

本当にそう思ってました。


おばあちゃんにとって
どうしてもやりたかったことが

『スペインに行くこと』

おばあちゃんにしかわかりませんが

スペインの街並みを見たり
おいしい料理やお酒
サグラダファミリアといった
歴史的建造物を見たかったのかもしれません。


誰にでもやりたいことは
きっとあるはずです。

 

死を意識しにくい今の世の中では
気づきにくいのかもしれません。

 

やりたいことは生きてる内にやる。

 

本当にあたりまえのこと。

僕は60歳を越えてからではなく
元気な今のうちに
やりたいことに挑戦しようと思う。

 

スペインで亡くなったおばあちゃんから
僕はそんなことを学ばせてもらいました。

 

☆修復中のサグラダファミリア

 f:id:k-y-s-20120421:20171024164842j:plain

 


○スペインの日本人学校で退職した3人の先生の話。

たまたまその学校に退職する直前の3人の先生とそれぞれ話しをする機会があったそうです。

 

スペインの人達は、日本とは全くちがう生活の様子に衝撃を受けたそうです。

 

周りのスペインの人達は、家族や友人との時間を大事にしたり、自分のやりたいことをやって人生を楽しんでいました。

 

その姿を見ながらスペインの日本人学校で退職を迎える3人が同じことを言ったそうです。

 

『私は今まで何をやっていたんだろう』

 

あまりにも重い言葉。

 

自分の人生を犠牲にして忙殺され退職を迎えた自分。

 

それに引き換えやりたいことをやって
毎日を楽しんでいるスペインの人達。

 

上の一言に集約されている、ぶつけようのない思いが、僕には生々しく伝わってきました。

 

退職する。

つまり、教員という1つの人生が終わるとき

 

『幸せだった』

 

ではなく

 

『今まで私は何をやっていたんだろう』

 

こんな悲しいことはないんじゃないか。

1つの現実を見せつけられた気がしました。

 

もちろん、人それぞれですから
その生き方が合っている人もいる。そうでない人もいる。それだけのこと。

 

生き方は個人の自由です。

 

しかし、僕の場合は今の生き方に
すでに疑問を持っていました。

 

そのタイミングでこの話を聞いたので
さらに深く考える視点をもらいました。

 

せっかくの視点。
最大限生かしていきたい。

 


○おわりに
Aさんから聞いた2つのお話。

あらためて自分の生き方を見つめる
いいきっかけをいただきました。

 

死んでからでは遅い。

 

今、元気に生きているうちに
やりたいことに思いきって挑戦しようと
決意させてもらいました。

 

今日も明日も大切な人生の1日。

 

柔らかい心で

元気に楽しく生きたいと思います。

 

☆オーストラリアのパースの街並み

f:id:k-y-s-20120421:20171024165132j:plain