Sleep,well, Live well ~手軽にできる快眠オススメ5つの方法~

 ☆快眠で元気になれます。


f:id:k-y-s-20120421:20171105150209j:image

 

《はじめに》
睡眠はとても重要です。
それはなぜか?
その1つを簡単にご紹介します。

 

『人生の3分の1は睡眠』

 

1日8時間眠るとします。
1日24時間。
1日の3分の1睡眠に使う。

つまり

人生の3分の1は睡眠なのです。

 

人生の大部分を占める睡眠を
大事にしなくていいはずがありません。

今回は睡眠に役立つ方法を5つ
ご紹介させていただきます。
何か1つでも自分に合うものが見つかればうれしいです。

 
【①起きる時間を固定する】
朝6時に起きる必要があるなら
それを変えないで続けていく。
ここが決まることでいつ寝るかが
見えてきます。

休日はそれを崩しても問題ないと思います。2日連続までならまたすぐ元に戻せます。


【②必要な睡眠時間を確保】
最近の研究では

『8時間30分』

1日に必要な睡眠時間です。


もちろんこれは時代と共に変化するかもしれませんし、個人差もあります。
自分が一番気持ちよく起きられる目安になると思います。

 

起きる時間から逆算して
寝る時間を大まかに設定するといいです。


【③良質な睡眠にする】
○午前中の太陽の光を浴びる
あびる優ではありません。
絶対に違います。

 

午前中の太陽の光を浴びることで
体内時計を正常に修正してくれます。

これをせずに過ごしていくと
少しずつ眠り始める時間が遅れていく
研究結果もあります。


○運動する
1日の中で少しでも体を動かして
肉体疲労があるほうが眠りやすく
かつ、ぐっすり眠れます。

 

運動することで交感神経が働きます。
そうすると眠る時優位に働く副交感神経に
切り替わりやすくなります。

眠りやすく深く眠ることにも繋がります。


○ゴールデンタイムの活用
『夜10時~2時』
この4時間、眠っていると
成長ホルモン、別名若返りホルモンと
言われるものが多く分泌されます。

 

疲労回復、お肌、筋肉を発達させるなど
翌日元気いっぱいフルパワーで
スタートしやすくなります。

この時間ができるだけ重なるような
睡眠時間を設定するといいと思います。


○眠る前の準備
部屋の明かりを少し弱くする。
読書や日記を書くなど照明を間接的に
目に当てることで眠りやすくなります。

 

逆に眠る前にテレビやケータイを見ると
刺激が強いため眠りの妨げになるので
気をつけましょう。

 

ストレッチをして筋肉を緩めると
副交感神経が優位に働くので
これもオススメです。


【④どうしても寝つけないとき】
無理に寝ない方がいいと言います。
眠れずずっと布団に横になっていると
眠ることがストレスに感じるからです。

 

眠くなったら寝る。これが自然です。
自然体がいいと思います。

そうなったときやることを
自分で決めておくのはいいと思います。
僕は読書かストレッチをするように
決めてます。

 

☆豆知識
話が少しそれてしまいますが
目をつむって横になるだけでも
脳と体を休めることができます。

 

『睡眠の70%の効果がある』

 

と言われています。
私は学生時代は特に神経質だったので
眠れないことが非常にストレスだったことがよくありました。

 

しかしこの効果を知ってから
眠れなくても目をつむって横になる。
これだけでも大丈夫という安心感から
眠りやすくなったのを覚えています。

 

【⑤目覚めのお手伝い】
○目覚まし時計は最後の切り札
絶対に寝過ごせない戦いがそこにある。

私たちの毎日はそういう時が
ほとんどだと思います。

音で鳴る目覚まし時計は
最後の保険にしましょう。


○太陽の光を利用
季節にもよりますが太陽の光で
自然に目が覚めやすくなるのは
オススメです。

 

安全で温度が問題なければ
カーテンを開けて寝る。
もしくはレースのカーテンで
光が入りやすくするのも良いです。

 

○テレビやケータイのバイブ機能
音を小さめでテレビをタイマー設定して利用する。
ケータイのバイブ機能で優しめの刺激で目を覚ます。

 

○特殊なやり方
にわとりを飼う。


アフリカでは5時~6時に必ずにわとりが鳴いてこれでほぼ毎日自然と目覚めていました。

今いるネパールも同じ感じです。

 

特にアフリカのにわとりは
野生化してるので鳴き声は叫び声です。
もはや雄叫びです。

 

日本でもにわとり好きな方はどうでしょうか?朝の卵メニューにも利用できるかもです。

 

《おわりに》
いかがでしたか?
何か自分にも使えると思えるものがあれば
もしかしたらあなたに合うかもしれません。
やはりやってみないとわかりません。

 

自分に合う快眠方法を見つけて
楽しく充実した1日になるといいですね!
それが人生の充実にきっと繋がるはずです。

 

なぜなら

 

『人生の3分の1は睡眠』ですから。

 

Sleep well,  Live well♪

 

それではおやすみなさい☆

 

カタール航空のホテル(無料)
f:id:k-y-s-20120421:20171105145907j:image