あなたのすき間時間を価値あるものに♪~植松努さんのTEDのスピーチ~

今回もあんちゃさんの Twitter にあがっていたので早速見てみました。あんちゃさんの勧めている本や動画を見てきましたが、今のところ全部あたりでした♪

 

それで今回も植松努さんの動画を見ました 。

いいと思ったらすぐ行動(^^)

 

実際に見て、力が湧く、うるっときてしまう素晴らしいもだったので書き残しておきます。

 

勇気が出ない、自信がない、人の目が気になる人や、夢や目標を持っている人にピッタリの内容なので、オススメの動画です!

 

ちょっとした隙間の時間に!

価値あるもの、役立つ動画を見るのもいいのではないでしょうか(^^)

 

目次

  1. 思うはまねく
  2. どうせ無理
  3. だったらこうしてみたら

 

☆TEDでスピーチされる植松努さんの動画

https://youtu.be/gBumdOWWMhY


f:id:k-y-s-20120421:20180204003851j:image

 

1.思うはまねく

まず思うことが大切。

思い描くことが、夢に一歩近づき、人をつなぎ、現実につながっていく。

 

これは野村克也さんがよく口にする『念ずれば花開く』この言葉にも通じると感じました。

 

自分自身も世界一の体育教師になるという目標を思い描きます。時には生徒や先生の前でも、その思いを口にしました。

 

そのおかげで、アフリカのタンザニアやネパールでもスポーツ指導の経験ができました。またデンマークやオランダ、クロアチア、フランス、 アメリカ、ネパール、インド、カンボジアなど世界の様々な国で 現地の人達に飛び込みで一緒にスポーツしてきました。

 

まず思うこと。

 

今は諦めが蔓延する世の中。だからこそ、まず思うこと。これが一番最初の一歩。

それが自分の夢は目標を現実にしていく。

大事な大事な一歩だと再認識できました。


f:id:k-y-s-20120421:20180204005221j:image

 

2.どうせ無理

植松さんも順風満帆なものでないことを話してくれました。自分のやりたいことを否定する

『どうせ無理』という言葉に苦しんだことを、涙をこらえながら話していました。

 

その中で、どうせ無理と言う人は

『実際にやったことがない人』

 

つまり気にする必要はない。

 

それが印象に残っています。自分も夢や目標に向かう時、どうせ無理と言ってくる人の言葉は 振り回されないようにします。

 

もちろん、助言やアドバイスには謙虚に耳を傾けます。しかし実際に行ったこともない人の否定の言葉には振り回されないことも大切ではないでしょうか?

 

3.だったらこうしてみたら

だったらこうしてみたらこの言葉を流行らせたいと植松さんは話していました。僕も大賛成です。夢は目標を 恥ずかしがらずに口に出せる。

 

そういう安心感のある人間環境こそが、今の時代には大切です。夢に向かって挑戦する人間の背中を押していける、励まし合える、そういう関係が今こそ大切ではないでしょうか。

 

植松さんもスピーチの中で、『この言葉をかけ合えばみんなの夢がかなっていく』という話をしていました 。妬みや嫉妬で誰かの足を引っ張ったり、心を暗くするのではなく、お互いを尊重し、励まし合う人間の連帯を築いていくことが私は大切だと感じました。

 

『だったらこうしてみたら』

 

この言葉の中には、応援する気持ち、大丈夫、きっとできるという希望の力が宿っています。表現は違っても、できる方法を探し励ましていける自分でありたいと決意できました。

 

最後に

ちょっとした空き時間や気分転換に、よくお笑いの動画も見ます。大好きだし僕には必要です。

 

しかし、たまには価値のある動画、役に立つ動画を見るのも良いのではないでしょうか☆

 

それではまた(^^)♪

 

☆僕の大好きな作品
f:id:k-y-s-20120421:20180204011138j:image